粗大ごみガイドブック

地域別粗大ごみの出し方ガイドブック

私の地区の粗大ごみの出し方。粗大ごみガイドブック
家庭から出るごみには、燃やせるごみ、資源ごみ、リサイクルするプラスチック、陶磁器・ガラスなどのごみ、有害ごみ、粗大ごみなどに分類されます。地域によって収集分別方法は様々です、お住まいの地域のルールに従いましょう。

 

不用品の買取をご希望の方

札幌・東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨・長野・新潟・愛知・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・広島・福岡の買取ご希望の方。お気軽にお問い合わせください!
なんでも買います!【買取屋さんグループ】

 

家庭ごみは、週の決められた日に出せば持っていってもらえますが、粗大ごみは粗大ごみ回収窓口で受付をしてから、決められた日に決められた場所に出しておく事になります。粗大ごみを出すときには、皆様が住んでいる自治体のルールに従って出すようにしてください。

 

スポンサー リンク

 

都道府県別粗大ごみの出し方

処分するときにすることは?(自治体により違いがあります)

粗大ごみ

事前に有料粗大ごみ回収券の購入が必要です。

収集日の朝8時までに指定場所へ自分で運び出してください。
運び出し、解体や荷物の吊り下げには対応してくれません。
収集はおよそ朝8時から午後3時半過ぎ位です。

 

自治体では、粗大ごみを運び出す作業は行っていませんので、ご自分で指定場所まで運びだしてください。(自治体によってはお年寄などの一人暮らしや体の不自由な方については運び出しをしてくれる場合があります。)

 

収集日は?
区役所指定の収集日になります。
日時の指定はできません。(土・日の回収は行っていません。※自治体により違いがあります )

 

粗大ごみ回収料金は?
市区町村の自治体での粗大ごみ回収料金は、行政サービスとして行っているため、税金によって補われています。事前に有料粗大ごみ回収券などの購入が必要な自治体もあります。自分ですべての粗大ごみを指定場所まで運び出さないといけないという手間はありますが、粗大ごみ回収業者よりも安く処分することができます。

 

 

 

北海道・東北地区
北海道の粗大ごみ青森県 粗大ごみ岩手県 粗大ごみ宮城県 粗大ごみ秋田県 粗大ごみ山形県 粗大ごみ福島県 粗大ごみ

 

 

関東地区
茨城県 粗大ごみ栃木県 粗大ごみ群馬県 粗大ごみ千葉県 粗大ごみ埼玉県 粗大ごみ東京都粗大ごみ神奈川県 粗大ごみ

 

 

東海地区
岐阜県 粗大ごみ静岡県 粗大ごみ愛知県 粗大ごみ三重県 粗大ごみ

 

 

甲信越・信州地区
山梨県 粗大ごみ新潟県 粗大ごみ富山県 粗大ごみ石川県 粗大ごみ福井県 粗大ごみ長野県 粗大ごみ

 

 

近畿地区
滋賀県 粗大ごみ京都府 粗大ごみ大阪府 粗大ごみ兵庫県 粗大ごみ奈良県 粗大ごみ和歌山県 粗大ごみ

 

 

四国地区
徳島県 粗大ごみ香川県 粗大ごみ愛媛県 粗大ごみ高知県 粗大ごみ

 

 

中国地区
鳥取県 粗大ごみ島根県 粗大ごみ岡山県 粗大ごみ広島県 粗大ごみ山口県 粗大ごみ

 

 

九州・沖縄地区
福岡県 粗大ごみ佐賀県 粗大ごみ長崎県 粗大ごみ熊本県 粗大ごみ大分県 粗大ごみ宮崎県 粗大ごみ鹿児島県 粗大ごみ沖縄県 粗大ごみ

パソコンの廃棄処分方法

パソコンは資源有効利用促進法に基づき家庭から排出されるパソコンについても、メーカーが回収・再資源化の義務化がされております。
パソコン廃棄処分方法

 

古いパソコン処分方法とPCリサイクルマーク
デスクトップパソコン本体・ノートブックパソコン
ブラウン管(CRT)ディスプレイ・液晶(LCD) ディスプレイ
ブラウン管(CRT)ディスプレイ一体型パソコン
液晶(LCD)ディスプレイ一体型パソコン

 

PCリサイクルマーク

PCリサイクルマークとは、平成15年10月以降に販売された家庭用PC(パソコン)に付けられているマークのことです。PCリサイクルマークの貼ってある製品はすでに購入時に費用を支払済みなので、パソコンの回収・リサイクル時には費用を支払う必要はありません。

 

「PCリサイクルマーク」を剥がしたり紛失した場合は、回収の際に回収・再資源化料金が発生しますのでご注意ください。

 

PCリサイクルマークが無い場合の再資源化料金
メーカー製品の場合

 排出されるパソコン  価格(税抜き)
 ノートパソコン本体

 デスクトップパソコン本体
 液晶ディスプレイ/液晶一体型パソコン

 3,000円

 

★パソコンを無料で回収してもらう方法
PCリサイクルマークがない、壊れていたり動かないデスクトップパソコン、使わなくなった古いデスクトップパソコンをお金をかけずに0円で処分出来ます。また、ノートPCならどんなものでも買取してもらえます。
詳しくはこちら…↓

送料・処分費など完全無料のパソコン回収

をご覧ください。

家電リサイクル法に基づいた処分が必要となる製品

エアコン、ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の排出方法も家電リサイクル法に基づいた処分が必要となります。

家電リサイクル法による処理方法以外にも不用品回収業者に依頼することで、不用品をまとめて処分できます。
詳しくはこちら↓をご覧ください。

 

廃棄する際は粗大ごみでは出せません。
1)購入したお店または買い換えたお店に依頼する方法。
2)郵便局でリサイクル券を購入し市内の許可業者に収集運搬費を支払い引取り依頼する方法
 (メーカーの指定引取り場所に自分で搬入も可)

 

■消費者の負担する料金は?
小売店の収集・運搬料金』+『メーカーのリサイクル料金』が必要です。

 

ただし、小売店ごとに収集・運搬料金が、製造業者等ごとにリサイクル料金が異なるため、それぞれの料金は小売店またはメーカーにご確認ください。

 

消費者が直接メーカーの指定引取場所に運搬する場合は、収集運搬料金は必要ありませんが、最初に郵便局でリサイクル券を購入してからとなります。

 

これまでに公表されている大手メーカーのリサイクル料金です。
(参考)メーカーのリサイクル料金の例
大手メーカー各社のリサイクル料金は、エアコン(税抜3,000円)、テレビ(税抜2,700円)、冷蔵庫・冷凍庫(税抜4,600円)、洗濯機(税抜2,400円)となっています。

 

チェックマーク

 

不用品を処分する方法不用品回収業者

 

スポンサー リンク

更新履歴
page top