粗大ごみ 豊田市

粗大ごみ◇豊田市の粗大ごみの出し方

豊田市 粗大ごみの出し方
豊田市の粗大ごみの出し方について、インターネットというメディアを利用して、粗大ごみの情報を提供されています。
豊田市の粗大ゴミの出し方では、豊田市で粗大ごみを出すときの注意点や粗大ごみ受付先などを掲載していますので豊田市の粗大ごみ処分や出し方について困ったときにぜひご活用ください。

参考になる不用品回収業者
ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機など、運び出すのが重くて面倒なのでお任せしたいなら…。
業界不用品部門
人気NO1の信頼と実績と言われるこちらの

ECOクリーン

 

古いパソコンや使わなくなったパソコンを、宅配便で回収し無料処分する方法あります。

私たちが便利に使っていた製品も使わなくなれば、粗大ごみとして出すことになります。粗大ごみは品物の材質や大きさを事前に確認してから粗大ごみ受付センターに申込み、収集日・手数料・出す場所などの決まりをまもり適切に処理しなければいけません。

スポンサー リンク

粗大ごみガイドブック

トラック

家庭から出るごみには、燃やせるごみ、資源ごみ、リサイクルするプラスチック、陶磁器・ガラスなどのごみ、有害ごみ、粗大ごみ(大型ゴミ)などに分類されます。

 

地域によってごみの収集分別方法は様々。
お住まいの地域のルールに従いましょう。

 

家庭ごみは、週の決められた日に出せば持っていってもらえますが、粗大ごみは粗大ごみ回収窓口で受付をしてから、決められた日に決められた場所に出しておく事になります。
粗大ごみを出すときには、皆様が住んでいる自治体のルールに従って出すようにしてください。

 

また、パソコンは資源有効利用促進法に基づき家庭から排出されるパソコンについても、メーカーが回収・再資源化の義務化がされております。

 

家電リサイクル法に基づいた処分が必要となる製品

エアコン、ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の排出方法も家電リサイクル法に基づいた処分が必要となります。これらの製品は粗大ごみで出すことは出来ません。

 

まず、お住まいの近くのリサイクルショップに買取やリサイクルを依頼してみる。しかし、買取金額に過度な期待はせずに、引き取ってもらえたら良い位の気持ちで相談してみましょう。

 

引越しなどで処分したい場合は家電リサイクル法による処理方法以外にも不用品回収業者に依頼することで、不用品をまとめて処分できます。まだ使える物、新しいものは買取やリサイクルできるものもあります。
詳しくはこちら↓をご覧ください。

参考になる不用品回収業者
ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機など、運び出すのが重くて面倒なのでお任せしたいなら…。
業界不用品部門
人気NO1の信頼と実績と言われるこちらの

ECOクリーン

 

古いパソコンや使わなくなったパソコンを、宅配便で回収し無料処分する方法あります。

 

これまでに公表されている大手メーカーのリサイクル料金(税抜)です。
大手メーカー各社のリサイクル料金は、エアコン3,000円、テレビ2,700円、冷蔵庫・冷凍庫4,600円、洗濯機2,400円となっています。

スポンサー リンク

豊田市粗大ごみの出し方

豊田市粗大ゴミの出し方主な内容の紹介
豊田市指定ごみ袋に入らないものは粗大ごみです。 粗大ゴミの出し方は、収集を申し込む方法と、処理場へ直接持ち込む方法があります。

  • マットレス、磁気マットを処分したい場合

    マットレスは、中にスプリングが入っていれば金属ごみ、入っていなければ燃やすごみとなります。指定ごみ袋に入らなければ、粗大ごみとして処分してください。

  •  

  • 布団を処分したい場合

    燃やすごみとなります。指定ごみ袋に入らなければ、粗大ごみとして処分してください。

  •  

  • 畳を処分したい場合

    リフォームや解体で出た場合は、工事を請負った業者の産業廃棄物となりますので、産業廃棄物として処分を依頼してください。産業廃棄物処理業者が分からない場合は、愛知県産業廃棄物協会(電話番号:052-332-0346)で紹介を受けてください。
    自宅の畳を自分で処分する場合は、一般廃棄物となりますので、燃やすごみの処分場への直接搬入が可能です。
    または、粗大ごみ受付センターで受付を行い、有料にて市の収集員に自宅前まで収集に来てもらう方法があります。

  •  

  • たんすや机を処分したい場合

    机等は、鉄パイプ等が付いていれば金属ごみ、釘や蝶番等のちょっとした金属が付いたものでほとんどが木製のものやプラスチックのみでできた製品であれば燃やすごみとなります。指定ごみ袋に入らなければ、粗大ごみとして処分してください。

  •  

  • 仏壇を処分したい場合

    販売店等に相談するのがいいと思いますが、ごみとして処理する場合は、粗大ごみとして処分できます。

  •  

    粗大ごみの処分方法

    粗大ごみの処分方法は2通りあります。
    ①粗大ごみ受付センター(電話番号:0565-25-5353)で受付(旭・足助・稲武・小原・下山・藤岡地区は各支所で受付)を行い、有料にて市の収集員が自宅前まで収集に来てもらう方法。
    詳しくは、「自己搬入 ごみを直接処理場へ持ち込む場合」または「家庭で出る粗大ごみの出し方」をご覧ください。ただし、指定ごみ袋に入る大きさまで分解等していただければ、袋に入れてごみステーションに出すことができます。
    ②自分で直接処分場に持ち込む方法。

     

    ①粗大ごみの収集に出す場合

    電話で申込み
    粗大ごみの収集を希望される場合は、地区ごとに決められた収集日の1週間前までに電話で必要事項(住所、氏名、電話番号、粗大ごみの品目と個数)をお知らせの上、お申込みください。申込み時に、収集日、手数料、受付番号などが知らされます。
    ■詳しくは…粗大ごみの収集に出す場合

     

    ②粗大ごみを処理場へ直接持ち込みする場合

    粗大ごみ(一般ごみを含む)を処理場へ直接持ち込む場合は、その重量に応じて手数料がかかります。
    搬入場所や受付時間などの詳細は関連ページ「自己搬入 ごみを直接処理場へ持ち込む場合」を参照ください
    ■関連ページ…自己搬入 ごみを直接処理場へ持ち込む場合

     

     

    ■お問い合わせ
    挙母地区 上郷・高岡地区 高橋・松平地区
    猿投地区(保見・石野地区含む)
    粗大ごみ受付センター
    電話番号:0565-25-5353
    受付時間:月曜日~金曜日(年末年始を除く)
    午前9時~午後5時

     

    旭  地区電話番号:0565-68-2211
    足助地区電話番号:0565-62-0600
    稲武地区電話番号:0565-82-2511
    小原地区電話番号:0565-65-2001
    下山地区電話番号:0565-90-4411
    藤岡地区電話番号:0565-76-2101
    旧町村地区にお住まいの方の申込み先は各支所になります

 

スポンサー リンク

パソコンの廃棄処分方法

パソコンは資源有効利用促進法に基づき家庭から排出されるパソコンについても、メーカーが回収・再資源化の義務化がされております。

 

古いパソコン処分方法とPCリサイクルマーク
デスクトップパソコン本体・ノートブックパソコン
ブラウン管(CRT)ディスプレイ・液晶(LCD) ディスプレイ
ブラウン管(CRT)ディスプレイ一体型パソコン
液晶(LCD)ディスプレイ一体型パソコン

 

PCリサイクルマーク

PCリサイクルマークとは、平成15年10月以降に販売された家庭用PC(パソコン)に付けられているマークのことです。PCリサイクルマークの貼ってある製品はすでに購入時に費用を支払済みなので、パソコンの回収・リサイクル時には費用を支払う必要はありません。

 

「PCリサイクルマーク」を剥がしたり紛失した場合は、回収の際に回収・再資源化料金が発生しますのでご注意ください。

 

パソコン無料回収でパソコンを処分する

とにかく0円で処分したい方は
処分費・データ消去・送料すべて無料はこちらへ

送料・処分費など完全無料のパソコン回収

をご覧ください。

 

【無料回収の詳細】
回収費・処分費など費用は一切かかりません!
壊れている物・電源が入らない物、メーカー・機種に関係なく無料回収できます。
ノートパソコンなら古くても買取してもらえます。

 

【回収の流れ】
①まず回収依頼フォームよりご依頼ください。
②ライズマークから無料回収受付のメールが届きます。
③お客様にて段ボールをご用意の上、梱包をお願いいたします。

 

配達伝票は記入して持ってきてくれますので、ご用意いただく必要はありません。

 

④回収希望日時に、佐川急便(又は西濃運輸)が無料回収に来てくれます。
⑤回収品がライズマークに配送され手続き完了となります。

 

すべて無料(0円)でパソコンの処分が出来ます。
↓こちらの回収依頼フォームより依頼すると、ご自宅(会社)まで回収に来てくれます。
処分費・データ消去・送料すべて無料はこちらへ

送料・処分費など完全無料のパソコン回収

をご覧ください。

家電リサイクル法に基づいた処分が必要となる製品

エアコン、ブラウン管テレビ・液晶テレビ・プラズマテレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機の排出方法も家電リサイクル法に基づいた処分が必要となります。

家電リサイクル法による処理方法以外にも不用品回収業者に依頼することで、不用品をまとめて処分できます。
詳しくはこちら↓をご覧ください。
参考になる不用品回収業者
運び出すのが重くて面倒なのでお任せしたいなら。
業界不用品部門人気NO1の信頼と実績と言われる
こちらの

ECOクリーン

 

廃棄する際は粗大ごみでは出せません。
1)購入したお店または買い換えたお店に依頼する方法。
2)郵便局でリサイクル券を購入し市内の許可業者に収集運搬費を支払い引取り依頼する方法
 (メーカーの指定引取り場所に自分で搬入も可)

 

■消費者の負担する料金は?
『小売店の収集・運搬料金』+『メーカーのリサイクル料金』が必要です。
ただし、小売店ごとに収集・運搬料金が、製造業者等ごとにリサイクル料金が異なるため、それぞれの料金は小売店またはメーカーにご確認ください。

 

消費者が直接メーカーの指定引取場所に運搬する場合は、収集運搬料金は必要ありませんが、最初に郵便局でリサイクル券を購入してからとなります。

 

これまでに公表されている大手メーカーのリサイクル料金です。
(参考)メーカーのリサイクル料金の例

 

大手メーカー各社のリサイクル料金は、エアコン3,240円(税抜3,000円)、テレビ2,916円(税抜2,700円)、冷蔵庫・冷凍庫4,968円(税抜4,600円)、洗濯機2,592円(税抜2,400円)となっています。

 

まだ使える物、新しいものは買取やリサイクルできるものもあります。

 

スポンサー リンク

page top